風のまま

のんびりノホホン亭主の365日

獅子奮迅! (シシフンジン) 

学生時代に先輩から ” 必須 ” と勧められて購入、
以来、版を重ねてきた辞書達、



最近は携帯やパソコンで簡単に調べられるのですが、

            DSC05101.jpg



                       ” 獅子奮迅 ” とは、

DSC05102.jpg



                     獅子が奮い立った様に、勢いの甚だ盛んな事! と、あります。


           簡単に言えば、、メチャ頑張って、体中にエネルギーがイッパイ、、ミタイな・・・・・




昨日の、コンクリート遊び、


遊び疲れて帰宅した結末、、いいえ、続きがありました。



夜も更けて、、?

                夜更け


異様な雰囲気の、、” 布団の中 ”  (ご期待には沿えません、オジイさんですから)
両足の、、太腿から膝、、、足先にかけて?




両腕、、特に右手、、まるで、高熱を帯びた鋼(ハガネ)の様? (ちょっとオーバーでしょうか?)






ジンジン、、ぽっぽっ、、と、火照る感じなのです。



その内に、、腰の疼きも始まって、、

とても眠れません!





就寝中のカミさんに、気付かれぬように忍び足!
階段を降りて、、、






開けた薬箱の、、
アリマシタ、、高性能の ” 湿布薬 ” 身体中にペタペタと張り付けて、、

困ったときには、、頼りなるに奴
「ハハ、、これがホントの ” フレンド シップ」 などと、独り言、




やっとの事で眠りに就いたのでアリマス。




寝起きの?

湿布だらけの姿、、カミさんに笑われて、

          DSC05104.jpg


それでは、、獅子奮迅ではなくて、、




まるで、四肢粉塵 と、(四肢=手足が、粉塵=細かいホコリの様に崩れ落ち、消えてゆく様?)
(コチラは造語ですから辞書などで調べても無駄でアリます)





今日は脳の調子さえ、、
オカシイ様で・・・・・    失礼いたしました。
                
スポンサーサイト
CM: 5
TB: --

コンクリート遊び? 

DSC05100.jpg



「遊んだコトないだろう?」






それはそうです。

大体、コンクリートなどで遊ぶなんて、、危ないでしょう?






自治会の、ゴミ集積場を移転するハナシがあり、
地域の人達、集まって、作業の運び、、「それなら、、」 と、古老の一声!




DSC05097.jpg


以前、使用していた ” コンクリートの板 ” 
「幾らでもアルから使え!」 と、





雨の日、車の乗り入れにも便利で、
ソノうえ、草も伸びては来ないでしょうから、、ネ?






時間に ” 余裕のアル人 ” で準備を、、、「タノム」 と、
気付いたら、、私もメンバー、、仲間入りです。


DSC05096.jpg


「なぁーに、、一人頭にすれば10枚程度で、、」
「!!!」




戴きに参上して、、驚いたのです。





1枚が70kgほどもある板、、数百枚も積み上げられていて、
「どこからでも、、持っていってくれ!」

 


持ち上げるだけで、、大変なもの、、
何処からか 4t トラックまでお出ましになって!
(流石、田舎は、何でも本格的、、なのです)





必死で作業のオジイさん、
後ろから、、優しい古老から声がかかります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オマエ達、、最近優しくナッチャッテ、、コンクリートで遊んだ事などないだろう?」


勿論、アリマセンとも、、
「こんな大きな物で遊んだら、、身体が負けてしまいますから、、」



硬くて重い、鉄筋入りのコンクリート、
とても一人では運べません、、



「二人、三人で呼吸を合わせて、、指や足、、怪我しない為にも声かけて、、」
「それじゃぁダメだ!」
「てこの原理で、、片方から、、、」


注意も念入りで、、流石に物知りなのデス!




伊達に長くは生きてはイナイのだと、自慢顔です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっとの事で積み込んで、、「やれやれ、、、」

イッパイ遊んだ・・・・オジイさん、腰をさすって、、一休み?





「コレコレ、、休んでばかりじゃ仕事にならぬ!」

今度は向こうで ” 降ろすのだ” そうで、、





DSC05098.jpg




そよ吹く風に、汗、吹き出した額!
ハチマキ、、タオルもしっとりとして、、






「クシュン!!」





真っ赤な、、イチゴの ” オメメ ” になって帰宅して、、

嗚呼!

速攻!!




お風呂に飛び込むオジイさんなのです。





くしゃみと鼻水、、、大暴れのバスルーム!!




これで ” 湿度 ” も上がったハズですから、、感染症の心配は 減った・・・

ヘッタ、、ヘッタ、、、、、

「ヘッタクショ--ン!!」



DSC05099.jpg


庭に咲く、雪柳の花粉さえ、、何だかカユイ、、、気がする様で、


ソノうえ、、、に、




明日からは、、湿布と筋肉痛の ” 戦い ” の始まりなのでしょうーー。
CM: 2
TB: --

落とし物? 

南の、


パソコンの置かれた部屋には南に面して ” 窓 ” があるのですが、

        DSC05089.jpg


陽当りの良い、、カーテンとの隙間に?



どんなにキレイに ” 掃除 ” しても、落ちているホコリ?
黒いゴマ粒みたいな、、大きさも1mmに満たないモノがほとんどで?



エアコンの吹き出し口が近いから?  とか、
南からの風が?  なんて考えていたのですが、、床には落ちていないのですから、、チガイますよね。




カーテン引き上げて、、観察?
昨日も掃除機で吸い取ったのですよ?


ホラッ!

            DSC05088.jpg


暖かな日に多い様に感じるのですが?








                                          「ああ、、忙しい、、忙しい」


誰の声でしょうか?




                                          「おや、さっき落としたの何処に行ってしまったのかな?」
                                          「確かに、、このあたりだったと、、」



「オマエか!」


DSC05087.jpg
 
5mmほどの ” アリンコ ” 
せわしなげに、触覚 動かしながらサッシの隙間から出てきたのです。


                                          「やっぱりナイ!」

ウロウロ、、ウロウロ、、と、、話、、聞きますか?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           「こちらへは、最近なのですが、」
   




                           「移転した ” 巣 ” に運ぶ材料、、温かな通路で雨にも濡れませんので、、つい、、」



しかし、迷惑な話ですから、、御断り!






                            「やれやれ、、話せばわかる年頃と思ったのに、、小さい奴!」


「・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

捨て台詞、残して隙間から這い出して行くアリンコなのです。







蟻、撃退用スプレー!
今年も購入しなければと、、お店に走るオジイさんでーーす。

                             
CM: --
TB: --

新しい ” 相棒 ” 

届けられたダンボール箱?






                                          「キッチンまで運んで、、オネガイ」



「・・・・・・」


取り出したのは!

             









また一人増えた、カミさんの ” 新しい相棒 ” なのだそうで、





取り扱い説明書と、、別梱包の材料、テーブルの上に並べて、、満足そうな笑顔!


しかし、読み進むうちに、硬くなる表情なのです?

                                         



出ました!



いつもの一言、                                 「コレ、、ちょっと試してミテ ・ ・ ・ ・」





思い起こせば、、ミシンにアイロン、、、庭の枯葉を吹き飛ばす掃除機から、


嗚呼!

生パスタ、作るのだからと、
キッチンの上、、真っ白にして?



両手は、
小麦粉にカラメ取られて指先は ” ドラエモン ” 状態!


それを、アナタの手から剥ぎ取って、、食べられる状態にまで、、、
幾つもの試練をくぐって、頑張ってきたのです。


           DSC05092.jpg




初対面のパスタマシーン、説明はイタリア語?
それでも、アレコレ調べて、、 ” 髪の毛? ” から ” 平うち ” まで 御作り したのですが、


今度は!



    DSC05091.jpg





                                          「低糖質のパンが ” 誰にでも簡単に ” 焼けるのよ」





ハイハイ、、誰にでも、、ですね?



だから、、私にも ” 簡単にできるハズ ” と、




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

老眼鏡、オデコに張り付けて、、、格闘は続いたのです。




 DSC05093.jpg


「どうです?」


3時間の後、出来上がった

                          ” 健康にも良い、低糖質の、、ふんわりと美味しいパン ”





少し熱いですから、、20分ほどお待ちくださいね?




                          「それでは、、ドウゾ! 」


                         「ナイフを入れてくださーーい」




DSC05094.jpg




綺麗に、ふんわり、、、までは予定通り?

味は?



ヨーロッパのパンみたいですね?
まあ、主食ですから、、この位でしょうか?




                                          「他にも、イロイロなパン、焼けないのかしら?」



「・・・・・・・」

分厚い、、取扱説明書、、?
「コチラの別冊には?」


                                           





カウンターの上に鎮座スル、、相棒、、

どうやら、私のモノになったみたいな雰囲気であります?








                                          「ホラッ、、此処にも美味しそうな・・・・・・」




「それも、その内に、、、勉強させていただきます」

「ご期待クダサーーイ!」
CM: --
TB: --

オーバーワーク? 

Hの奥さんからの電話?



「どうも、様子がおかしいのです」と、


幼馴染のHは、2度の脳腫瘍摘出手術を乗り越えて、
20年以上もの苦しみの時間に挑戦中!

好きな車の免許も取り上げられて、目下、私とのTVゲームだけが彼の憩いなのです。


出かけるにも不自由だった手足のリハビリにもと、始めたゲームですが、最近は随分の上達、、
そこで、更なる高見を目指していたのですが?






毎日、イタミ続ける ” 頭痛 ” と、結石からくる腰の痛み、、だけではナイ様な?



そう言えば、先日!
私にも思い当たるフシがアルのです。




普段なら、、10分程度でできる、車のセッテイングに30分もかかっていたのです。


同じトコロ、、「アア、、」 と、
小さな声がヘッドセットから聞こえてきて、、

「どうした?」



「また、元に戻っちゃった」

ハンドルに付けられた15ほどのボタン、、押し間違えたのでしょう。

                fcdf44cf-s.jpg



そんなマチガイを、、何度も繰り返していた。
「どうした?」 と、何度も ” 催促 ”
慌てて繰り返すHでした。





「オーバーワーク、、ですかね?」

               thDJLWTO1W.jpg



Hなりには、頑張っていたのだろう、、



「此処までデキタのだから、、今度はこのくらいまで頑張って、、」 と、コチラの期待も大きくなって、
セッテイングにも力が入っていたのです。



「この頃は、いつもしていた練習もしないんですよ」





人は ” 成功する ” のが好きで、失敗の体験からは逃げるモノなのです。
自分の、思う様に事が運んでいれば、、笑顔で頑張れるのですが、




アレコレ、口やかましく責め立てられ、、
ソノうえ、分らない理屈まで並べられて、、


「だから、、こう、、」 なんて、


まして、出来て当たり前、、などと、言われては気力も萎えるのでしょう。





「わかりました」
「ひとつ前の段階に戻って、、それでもダメならもう少し前から、、」





約束して電話をおいたのです。




褒められる体験を繋げて成長して行ける人はシアワセ、
しかし、時には挫折して、行き止まりの迷路の先でうずくまる事もあるのです。




残念な事に、 この世は ” 非可逆 ” の世界。
歩みの途中で気づいても、引き返す事はできません。

      逃避7



デキル事は ” 先 ” のコトだけ。
「これから、どうする!」 と、




今日は、残りの人生で ” 一番若い自分 ” なのだからと、勇気、
持つ、しかないのですから、





さあ、電話いたしましょう。




                                         「よお・・・・・オレだけど、、アソボ」


                                        逃避8

CM: --
TB: --

▲Page top